Peace, Love, and Understanding

 

想う人がひとりでもいるなら、 想う命や過去未来、文化がひとつでもあるなら、 

 

それだけで絶対にイヤだと思う十分な理由になるのに。

 

このあいだのニュース速報が"回避された"と伝えたあとになって、

 

「"戦争反対"、とりあえずそう言って多勢につく安心が欲しかっただけだろ」なんてよく言えるよな。

 

ヘリクツばかり並べてさめた態度とってたらなにも分からなくなる。

 

自分がそうだった。

 

多勢につく安心ほしさだってはじめはかまわないと思う。これからのきっかけになるかもしれない。

 

検索すれば今生きてる自分たちにも関わる歴史を知ることだってできるし、

 

Youtubeにだってどれだけ悲しいことかを伝えてくれる映像もアップされている。

 

愛と平和は、願うだけなら寝っ転がっていたってできてしまうから、

 

自分から理解を深めようとしたり考えていくことがまずは大事だと改めて思う。

 

どちらにしたって、無知なままなのは良くないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

年末の宇宙遊泳

 

大晦日に観たスピリチュアライズド、本当に最高だった。

 

ライブ観ていていちばん好きな人だ。

 

何度か来日観に行って、もうどうにでもしてくれっていつも思わせてくれる。

 

いつだって音楽には、もうどうにでもしてくれよって思わさせてほしい。

 

ユキくんが担当したオーケストラもとても良かったんだよ。自分のことのように嬉しいし、やっぱり正直悔しい。

 

感動のあまりそのあと飲みすぎて年明け早々しょうもないツイートして消した。ダっサいなあ、ごめん。

 

 

 

 

藤沢に帰って愛犬をこれでもかと撫でまわして、正月番組にももう飽きてきた。

 

部屋に置いてきてしまっていたピッチの合わないギターを弾いていると良さそうなリフがいくつかできた。

 

これからもっとどうにでもしてくれって思ってもらえる音楽をつくっていきたい。

 

2020年、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

.

ON THE RUN AGAIN AND AGAIN

 

 

 

二ヶ月に一度のペースで一年間続けてきた自主企画「ON THE RUN」。

 

来月からアルバムのリリースツアーが始まるので間が空いてしまうかもしれないけれど、またいつか続きを始めます。

 

やりたいことはたくさんある。オールナイトイベントもフロアライブもなにかおかしなコンセプトのイベントもやってみたい。

 

し、都内を離れて遠征編もできたらもっと楽しいだろうな。

 

ついでに次の日も丸一日空けてその街でだらだら過ごせたら最高だとか言うだけならいくらでもタダなんだけど、

 

とにかく!これまでの7公演に駆けつけてくれた方々、みなさん、ありがとうございました。

 

出演してくれた錯乱前戦、UlulU、突然少年、竜哉くん、素生さん、Gateballers、The Songbards、

 

ゆうらん船、MINAMIS、Crispy Camera Club、myeahns、CRYAMYに今一度拍手を。

 

かなりタイトなスケジュールの中で出演を決めてくれたバンドもいて、本当にありがとうという気持ちです。

 

ライブを撮影してくれたチームサマーエンドブルーリオとシンカイさん、

 

そしていつもPAをしてくれた下北沢GARAGEの坪井さんにスペシャルなサンクスを。

 

思えば、はじめは「台風EP」のリリースイベントとして始まったんだった。

 

その頃のバンドの内側というのはいろんなことで息苦しくてまったく良くなかった。

 

でも「敗走」から始めてみて、今Layneはずっとタフになったなと思う。

 

それもイベントを続けることができたからだな。

 

続けていくことの難しさを改めて思い知らされたことも大きかったな。

 

どっかのリッケンバッカー野郎の怠慢や屁理屈にウンザリしながらも続けてみようって言ってくれたメンバーにも感謝。

 

この間のON THE RUNの後、CRYAMYのカワノくんがLayneのことを書いてくれていてなおさらまたやっていこうと思えた。

 

続けさせてくれてありがとう。これからのライブも楽しみにしていてください。

 

 

 

 

年末30日に弾き語りでのライブがあるけれど、今日の下北沢でLayneの年内のライブはおしまい。

 

いつも通りいつも以上に、気持ちよく弾いて歌っていたい。

 

 

 

 

 

 

.